読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「虹レ」や「虹レのその先」を目指したい方へ…

このブログでは、15.00を目指す人、そして15.00を達成した人がさらに先を目指すためのブログです。

☆1 鍛えておきたいテクニックその1「指押し」

今回は、曲別の攻略法ではなく、テクニックを鍛えることのできる曲や新たなテクニックの練習法などを紹介していきます。

指押し

指押しは、13を攻略していく上で避けては通れません。高難易度の曲ではより複雑になり、擦りではどうにもならないことも多々あります。ですから、指押しをマスターして、13の曲に対抗できるだけの力をつけましょう。

f:id:Hopper5800jp:20170415111226p:image

下半分が指押しです。2つの階段×4なので、割と基本的でしょう。4つの階段は、2つの階段×2で出来ているので、2つの階段が出来ればそこまで問題にはならないでしょう。また、CHUNITHMでは、5つ以上の階段は4つ以下の階段に比べると数は減ります。そして、出て来たとしても、CHUNITHMの性質上5つ以上の階段なら擦って取るという方法が有効なので、4つの階段が出来れば充分勝負が出来ます。

ここで、階段などの指押しのコツを一つ。

力を入れすぎない!

これが大事です。

よく指押しな苦手な人は、指に力が入り過ぎて指が上の方を向いていることが多いです。上手い人は逆です。指が曲がっていて若干下を向いてます。自分はピアノをやったことが無いので詳しい事は分かりませんが、ピアノを弾いている人の手を見てみると、猫の手みたいな感じになってます。イメージとしてはあの手です。あそこまでやる必要は無いですが、叩くのではなく"軽く"押すんだという意識を持つとやりやすいと思います。

そして、2つの階段~4つの階段を練習できる曲もあります。

MASTER12 Teriqma

MASTER12+ stella=steLLa

EXPERT11+ HAELEQUIN

   ↑

(EXPERTですよ!MASTERは練習じゃなくて本番です(´・ω・`))

上の3つが主な練習曲でしょうか。

他にも指押しを使うとやりやすい曲はたくさんありますし、13の曲をやるのであれば、逆に指押しは出来ないと鳥Sを取るのが厳しくなります。

総合的な手順として私がオススメするのは、

  1. 2つの階段を左右両手の手で内→外、外→内ができるようにする
  2. 3つの階段、4つの階段ができるように練習曲を行う
  3. 12+や13の曲をやり手応えを掴む

です。練習しても手応えが無ければ正直楽しく無いです。なので、手応えを掴みやすい(比較的易しい)曲を紹介します。

 

MASTER13 DataErrOr

MASTER13ぶいえす!らいばる!

MASTER13 ラクガキスト

DataErrOrは13の中で純粋に簡単な曲です。指押しはあまり無いですが、その分手応えというか、自分は13でここまで戦えるのかという自信が付くと思います。

ぶいえす!らいばる!も指押しはメインではありません。ただ、2つの階段や折り返しの階段↓

f:id:Hopper5800jp:20170425212755p:image

などが出てきて、さらに一番の山場として、最初にかなり難しい指押しが出てきます。これをミスやアタックを出さずに抜けることが出来ればもう虹レ相応の指押し技術は付いていると言えるでしょう。

ラクガキストはトリルと指押しがメインの曲です。指押しは多いですが、2つの階段~4つの階段ばかりなので、ある意味基本と言えます。ラクガキストは指押しの本番と言っても良いレベルでしょう。

CHUNITHMから音ゲーを始めた人にとっての最も大きな壁は指押しだと自分は思います。ただ、指押しは発展テクニックではなく基本テクニックです。是非マスターして虹レを目指して下さい。

 

プラスワン

5つの階段

CHUNITHMにも5つ以上の階段、あります。

代表例として、

MASTER13 GOODTEK

MASTER13 luna blu

MASTER13+ HAELEQUIN

などがあります。

5つの階段の対処法ですが、

一番精度が良いのは、全部指で押すことです。ただ、これが結構難しいんです。そして、結論を言うと、5つ以上の階段は、押せなくても虹レにはなれます。なのでプラスワンとしました。どのように対処するかと言うと、擦ります。

タップに合わせてスライダーを擦るとCHUNITHMの場合しっかりと反応してくれます。5つの階段なら指押しできないことも無いですが、8つや16つになるとまず指押しはできません。したがって、この擦るという技術もCHUNITHMでは必要になってきます。しかし、この擦りには欠点があります。それは精度が低いということです。タイミングがズレたり、擦る速度が悪かったりすると、たくさんアタックなどが出てしまいます。ですから、比較的押しやすい4つの階段までは指押しで取れないと厳しいんです。5つにもなると、まだ擦った方が記録が良いということもあり、8つだとほほ間違いなく擦った方が記録が良いので、擦りが有効になってきます。5つの階段は出来れば純粋に有利なので、余裕がある方は練習してみてください。練習曲は、上記されている代表例の曲が良いと思います。低難易度ではそもそも5つ以上の階段はあまり出てこないので、練習になりません。

 

この記事に使用している画像は以下のサイトの画像を使用しています。ありがとうごさいます。

http://www.sdvx.in/chunithm.html